『【神奈川県】横須賀どぶ板バザール』

開放的な雰囲気と毎回様々な催しがあり長きに渡る人気フリーマーケット 


概 要 2月、5月、7月、11月の年4回開催され、今回が115
回目。ショッパーズプラザ前の広場から本町どぶ板通り
商店街の路上にずらり100店が出店します。多彩なジャン
ルのステージもあり毎回多くの人で賑わいます。
搬 入 会場の近くで荷物をおろし、車を駐車場へ移動
させます。駐車場は近くにあるので便利です。
出店者 出店者の3分の2がプロ。地元の商店会の方に加
え、遠くは静岡県からも。プロが多いのでジャンルを問
わずいろいろな物があります。衣類、日用雑貨、手づくり
品、子ども服、おもちゃ、トレカ、骨董品、天然石、フェアト
レード、輸入雑貨など。ここで特に目についた品物がフォ
ーマルドレスです。貸衣装屋さんが中古ウェディングド
レスを5000円、中古パーティドレスを3000円で販売して
おり、他でも中古のパーティドレスやチャイナドレスが
500円〜3000円位で売られていました。値付けにほとんど
差はなく目的や好みに応じた品物が選べます。使用頻度
の少ない物なので、お買い得だと思いました。
来場者 老若男女、外国人からペットまで様々です。電車
が駅に着くたびにお客さんがどっと会場に流れ込んでき
ます。ショッパーズプラザ前の広場は子ども用品やおも
ちゃのお店が多く、子ども連れの方が多かったです。


編集部より 米海軍基地がそばにあり、アメリカ文化がとけ込んだお洒落な街並みの中で開催される文字通りバザール」。外国人の姿も多く、とても開放的な雰囲気で出店の方も皆さん明るく、古いお鍋もここで見るのと別のフリマ会場で見るのと少し印象が違うと感じました。お昼からはお客さんが更に増え、ステージではバリ舞踊やエイサーの演舞が始まり、三浦の野菜の販売や被災地支援の募金、フェアトレードなどもあり、温かな気持ちになるイベントでした。